【しょぼい考察】今更ながら「ブロックチェーン革命」を読み始め、47氏=金子勇=SatoshiNakamoto 説を妄想したり

0 Comments
ドクロβ

ブロックチェーン革命--分散自律型社会の出現


まだ、序盤
んでてどっちかってーと
インターネットの格上げ技術なのか、と

で、「47氏=金子勇=SatoshiNakamoto」説の話

たぶん、俺の戯言よりこちらを読んだ方が良い
サトシナカモト論争の終焉:僕がWinny開発者「金子勇」氏がサトシナカモトであると確信している理由


元々、ブロックチェーンの話を聞いたときに
「Winnyやん」と思ったし

仮想通貨の話を聞いたとき
「47氏が語ってたことやん」と思ってて

関係を疑ってはいたのだがー…


で、本読んだら
また気になりだしてググったら冒頭のリンク記事を発見

やっぱり技術的に
さらには思想的にも関連深そうだよなーって


気になりだすと止まらず
本人が書いたWinnyの本あったよな(=>「Winnyの技術
で、探すわけだが

でも、普通のネット書店じゃ売ってナス
達人出版会ってとこで買えそう?なんだけど
登録メールが来ないぜ魔城ガッデム


一応、ビットコインの歴史を軽く調べたが
ん~なんとも言えない

Bitcoin日本語情報サイト「ビットコインの歴史と価格推移」

ウィキペディア「ビットコイン」

ウィキペディア「サトシ・ナカモト」


ウィキペディアのサトシ・ナカモトページを見るに
2014年3月に自分のアカウントからメッセージを投げてるみたいだが
金子勇さんが亡くなられたのは「2013年7月6日」
(ご冥福をお祈りいたします)

メッセージが本物であれば
あり得ない…ということになるが
このくらいなら騙れる人間は余裕でいそう


多分、開発の歴史を辿れば
もうちょっと分かりそうなものだけど

そんなんどこで見れるんでぃ
英語か、英語なのか

ブロックチェーンの分岐が起きたあたりが
分かりやすいんだけど、まだ金子氏健在のころなので
その後はどうなんでしょうな?


本についてもちらっと書いておくと
まあ結構前の本なので
今後はブロックチェーンが各分野で使われていく、とか
いわゆるパラダイムシフトが起こるで~という内容

序文「はじめに」で、新しい技術に出会った時の
人の反応を三段階で説いているのが面白い

 第一段階:まやかしインチキペテン詐欺! 君子危うきに近寄らず…
 第二段階:ひょっとするとひょっとするぞ…? なんだこれ?なんだこれ?
 第三段階:世界を変えてしまった…技術を最初からいいって言ってましたよね俺

わはは、覚えがありまくる
良いって言ってましたよ俺、俺俺、俺だよ俺

今回は世間が第一段階と第二段階の中間くらいで参入してるから
俺としては頑張った方だな🙄

この方の予想では
20年代後半くらいにはブロックチェーンが
色んなとこで定着してそうって感じ


ここで言う定着は
陳腐化(=普及)して
パンピーが「普通使うでしょ?」って態度になってること

ビットコインが初めて機能したのが2009年
約20年ほど経ったころ

前回書いた記事(【しょぼい考察】任天堂と「Google Stadia」から何となく未来を妄想)で
言ってるけど

陳腐化=普及期まで技術や発想を落とし込むには
おそらく10~20年ほど掛かる
(手前味噌トーク)

本の著者と違って
俺のは純然たる経験則と勘なんだけど


ただねー…
ブロックチェーンが本当に変革を齎すものだとして

だとすると、日本は踏ん張って食らいついていかないと
失われた40年になりかねないんじゃ…てか、皆もう諦めてる空気が…


もしブロックチェーンあるいはその発展形が
最初に言った通りインターネットそのものをバージョンアップさせる
可能性を秘めたものであるなら

一気にIT関連の後れを取り戻すことも可能なんじゃ…と期待もしてる


そこまでの意思と気合が日本にあるかなー…?
ドクロβ
Posted byドクロβ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply