【書評・読んだ本感想】 大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

0 Comments
ドクロβ

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

[図解]大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

本当ざっと
むだけなら10時間はかからん


こういうのも知っておくかー、で買った本
因みに紙本で買ったが
1500円って書いてあるなー

安いなー電子書籍(こっちで買えばよかったか

個人的には
勉強したり
漫画や小説でも考えながら振り返りながら読む場合
紙の方がやりやすい気がしてるのだけど

電子書籍も良し悪し


んで、んまーこれ読んだだけで
経営学が理解出来たら苦労しませんな

ざざっとかなり網羅的に書いてくれている気はするが
ピンとこない言葉があっても突っ込んだ説明がなかったり

どちらかと言えば
昔学んだことがあるけど、ちと振り返ってみるか~
って人が読むと「ふんふん、そうだった」となる内容なのでは?


全然知らんわーって
俺みたいのが読んでもところどころワケワカメ

いうても「へー」と思うことは何度もあったので
無駄ではないか


てか、分からないところ調べながらだと
100時間はかかるんでないかいコレ?


Hontoさんのレビューにもあるけど
ちょっと著者さんの鼻につくとこはあるので
そこは人を選ぶかなー?


一番、気になった内容としては
68ページ、「「どんな状況でも優れたリーダー」は存在しない」という項

色んなリーダータイプが存在し
ある状況で優れたリーダーシップを発揮する人物が
別の状況で同様のパフォーマンスを上げることはない
みたいな話


当たり前と言えば当たり前だが、
良いリーダーにも得手不得手がある

んだもんだから、時々でリーダー選ぶ必要があると


個人的に「頑張れば、きっと夢は叶う」的な思想が受け入れられず
かと言って何もやらないのも違うよなーと日々悶々

ツイッターとかの喧嘩だと極論に走りがちで
「努力しても報われない」VS「努力すれば勝てる」みたいな構図になりがち

たぶん、どちらもバイアスかかってるんだろうけど


得手不得手があるのだから
適材適所を心がけるように組織運営できないものかね?

世の会社組織はそれぞれ
組織論、経営学、プロセスやシステムについて
様々なアプローチをしているのだろうけど
自社に限って言えば人材を上手く活用できていないように見えてしまうのよな
(だからと言って俺が何かしてるわけではないのだけど…)

こんな優秀な奴が何でこんなことしてんの?
って思うことは一度や二度じゃない

そういう連中は優秀であるために
どんな状況でも対応できてしまっているんだけど勿体なく見える


本の話に戻ると
リーダーも得手不得手があるのだから
上手く人を動かしていければいいのにね、と思いました(小並


将棋だって「歩」に「飛車」は期待しないし
頑張れば「金」になれても「竜王」にはなれないし

みんなゲームとしては個々の特性を理解するのに
現実では「ちゃんとやればちゃんとした形になる」って信じてるのが
不思議なんだよなー

理想的な「正解の形」以外、受け付けないのは何なんでしょな?
ドクロβ
Posted byドクロβ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply